エントリー

2013年04月の記事は以下のとおりです。

アルミ部品

  • 2013/04/26 08:56
  • カテゴリー:

ファイル 401-1.jpg

全体的な形状としては円柱ですが、円周状に長方形の角穴が3つあり、それぞれ、角度がずれています。

このような部品は、角穴でなければコンピュータ制御の機械で、1工程で製作出来ますが、角穴で、隅が直角なので、治具を製作してから加工を行いました。

角穴の加工は、ワイヤーカット放電加工機で行いました。
写真では分かり辛いと思いますが、放電でカットした部分は、表面がザラザラになり、他の部分と比べて、光沢が失われます。

ワイヤーカットで製作する際は、予めお知らせするようにしておりますが、通常の仕上がりよりも外観が異なりますので、予めご了承ください。

アルミ部品

  • 2013/04/16 09:23
  • カテゴリー:

ファイル 403-1.jpg

材質はアルミ、A5052Pで、切削加工後、光沢黒アルマイト処理を行いました。

カメラ関連のパーツです。

アルミ部品

  • 2013/04/12 10:37
  • カテゴリー:

ファイル 400-1.jpg

アングル(L字型)部品を製作しました。

裏面は、ベアリングを入れるための、精度が必要なザグリ(凹み)穴があります。

望遠鏡用部品

  • 2013/04/10 08:29
  • カテゴリー:

ファイル 402-1.jpg

望遠鏡用のパーツに、別部品(レンズ)を取付ける為のパーツです。
材質はアルミA5056で、艶消し黒アルマイト付です。

パレット

  • 2013/04/04 13:37
  • カテゴリー:

ファイル 399-1.jpgファイル 399-2.jpg

個人のお客様から、毎日色んなご依頼を頂きますが、今回ご紹介するものは、部品の形状としてはかなり特殊で、細かな寸法設定も必要なことから、製作開始まで、入念なお打ち合わせをさせて頂きました(全てメールにて)。

用途としては画像の通り、絵を描く際のパレットで、お客様のお好みで、お客様専用の特殊な道具を製作させて頂き、まさにワンオフパーツの代表、と申し上げても良いと思います。

写真では分かり辛いかも知れませんが、絵の具を入れるところがスロープ状で、曲面になっていて、コンピュータ制御の機械でないと、製作が難しい形状です。

お客様から図面でご指示頂いたのち、製作可能な形状を、弊社の方でご案内させて頂きました。

今回のように曲面が多い形状は、3Dで立体表示しながら説明することの有用性を改めて感じました。

材質は、プラスチック材のうち、弊社で最も使用することが多い、ポリアセタール(デルリン、ジュラコン)です。

納品後、お客様から使用状態の写真を頂戴致しました。
ご満足頂けているとのことで、改めましてお礼申し上げます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2013年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

過去ログ

Feed