エントリー

2012年03月の記事は以下のとおりです。

マウス台

  • 2012/03/29 10:43
  • カテゴリー:

ファイル 307-1.jpgファイル 307-2.jpg

前回に引き続き、アイデアに富んだパーツです。
材質はアルミで、艶消し黒アルマイト処理を行いました。

キーボードのテンキー部分にマウスを置く為のパーツです。
お客様から写真を頂戴しましたので併せて掲載致します。

写真をお送り頂き、ありがとうございました。

特注カメラグリップ

  • 2012/03/27 11:53
  • カテゴリー:

ファイル 306-1.jpgファイル 306-2.jpgファイル 306-3.jpg

カメラグリップの特注品をご依頼頂きました。

今回のようなタイプは初めて製作致しますが、内部にフィルムが納められるようになっており、非常に良いアイデアで、まさに一石二鳥とはこのことだと思います。

お客様から頂戴した写真がありますので合わせて掲載致します。

写真をお送り頂きありがとうございました。

望遠鏡部品

  • 2012/03/22 10:02
  • カテゴリー:

ファイル 305-1.jpgファイル 305-2.jpg

望遠鏡の筒部分を乗せる為のパーツで、個人のお客様からよくご注文頂くタイプのパーツです。

二つの部品を組み合わせて使用しますが、表面処理は梨地黒アルマイトとなっています。

アルミ素材にサンドブラストを行い、その後黒アルマイトを行う物で、高級品のパーツによく使用されています。
製作時のカッター跡もほとんど消えてしまうので、外観が均一になり、美しい仕上がりになります。

写真2枚目は、1枚目左のパーツを裏返した状態で、梨地のサンプルとして少しズームして撮影しました。

企業のお客様からはよくご依頼を頂いていますが、個人のお客様では珍しいです。

処理自体は全く問題ありませんので、外観にこだわりのある方はご相談ください。

ステンレス軸

  • 2012/03/19 11:36
  • カテゴリー:

ファイル 303-1.jpg

似たようなタイプのパーツをこれまでにも何度か製作していますが、色んなところに使用される、汎用性の高い形状です。
軸にはベアリングやブッシュが入り、回転する物と予想されます。

相手部品がある場合で、寸法が正確に分からない場合は、お預りして、それに合わせて製作致します。

ここで言う正確、とは、0.1mm単位でなく、0.01mm以下の単位です。
ベアリングの場合は、軸が0.1mmも小さいと隙間が大きすぎてしまうので、できるだけ隙間を無くすのが望ましいと思います。

写真は通常の旋盤仕上げです。弊社は研磨の設備は持っていません。

スチール製パーツ

  • 2012/03/14 11:15
  • カテゴリー:

ファイル 302-1.jpg

材質はSK3です。

鉄の材料は在庫で持っていると錆びてきてしまうので、余り持っていません。
弊社で鉄よりステンレスの方が安い理由の一つです。

切削性も変わらないので、磁石関係や強度の問題以外は、ステンレスをお勧めしています。

アルミ部品

  • 2012/03/12 13:30
  • カテゴリー:

ファイル 301-1.jpg

コリーメーターと呼ばれる装置でよく使われる機構に似ていますが、穴にアダプターを差し込んで、XYの位置を調整し、固定するものです。
円筒型のパーツを水平に固定する方法として、昔からよく利用されています。形状も簡単なのでコストも掛かりません。

アルミ材で、艶消し黒アルマイト処理を行いました。

樹脂カラー

  • 2012/03/08 10:01
  • カテゴリー:

ファイル 299-1.jpg

プラスチック材のデルリン(ジュラコン)でカラーを製作しました。

ロボット用部品

  • 2012/03/05 13:44
  • カテゴリー:

ファイル 300-1.jpg

これまで何度か似たような形状を製作させて頂きました。

板を曲げて製作するのではなく、ブロック材をL字型に切り出して製作し、直角の精度を出しています。

アルミ材を加工後、黒アルマイト処理を行いました。

パーツ 3種

  • 2012/03/02 10:57
  • カテゴリー:

ファイル 304-1.jpg

形状が全く同じで、材質・外観が異なる3つのパーツを製作しました。

写真一番上がステンレス、中央がA2017生地、下がA2017+赤アルマイトです。

同じ形状で素材を変えて実験、というご依頼を受ける事がありますが、多くはステンレス、アルミ、真ちゅうなど、普段私共でよく使用している材料です。

まれにニッケル系材料やチタン、プラスチックなどがありますが、外観を色々試したい場合は、アルミが一番良いと思います。
アルマイトはカラーが豊富で、無ければ色を作る事もできるので、オリジナルカラーでアルマイトをご依頼頂いているお客様もいらっしゃいます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2012年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed