エントリー

アルミ部品

  • 2009/12/24 19:44
  • カテゴリー:

ファイル 48-1.jpg

今回ご紹介する部品は、個人のお客様が緩衝材の目的として使用するもので、精度はそれほど必要とされておりません。

この記事で注目して頂きたいのは、カッター跡です。

この部品はフライス盤という機械で切削したものですが、フライス盤に限らず、マシニングセンターであっても、フライス加工の場合、エンドミルが走った跡がワーク材の加工面に残ってしまいます。

この写真では光を当ててカッター跡を強調しているものですが、実際の品物を肉眼で見ると、それほど目立つ物ではありません。
手で触ってみても、傷があるという感触は一切無く、厳密にはサブミクロンレベルでの段差はありますが、企業のお客様に要求されているような精密部品であっても、このようなカッター跡が問題になることはありません。見た目だけの問題で、精度の面では問題がないからです。

また、つや消しのアルマイト加工を行うとカッター跡がある程度消える為、外観状の問題もほとんど解消されます。

メッキをする役割は、アルマイトの場合は耐久度アップが一番の利点ですが、色が均一になることで外観品質がアップすることにもなります。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2017年08月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

過去ログ

Feed