エントリー

ラジコン用パーツ

  • 2010/02/10 10:25
  • カテゴリー:

ファイル 62-1.jpg

最近特によくお問い合せ頂くのが、ラジコン用のパーツです。

主にアルミ製部品で作成の依頼を頂く事が多く、ホイールやウイングのパーツを加工しております。

今回ご依頼頂いたのはウイングステーです。
写真は白アルマイトのメッキ処理を施したものです。
材質はアルミの中でも高い強度を誇る、A7075です。

アルミについてよくお問い合せ頂きますので、ここで簡単に説明致しますが、一般的な材料としては、A5052→A2017→A2024→A7075、と言う順で強度が高くなります(板材)。
A5052は最も一般的と思われる材料で、普通アルミと呼びます。
A2017はジュラルミン、A2024は超ジュラルミン、A7075は超々ジュラルミン、と呼ぶ時もあります。

弊社は開発関連で長年協力させて頂いている関係上、かなり特殊な材料で加工する事が多いですが、一般的に出回っていないアルミ材がこの他にも沢山あり、A7075より強度が高い材料も実は存在します。
非常に高価な材料の上、入手が困難ですので個人のお客様はもちろん、企業のお客様でも簡単には入手できない材料です。

ただ自転車やバイクに多く使われているのはA7075までですので、個人のお客様においては、A7075でも十分な強度を得られるのではないかと思います。
最終的にはお客様の判断で材料の選定を行って頂きますが、A7075はアルミの中でも高価な材料ですので、使用環境やご予算に合わせて選んで頂きたいと思います。
もっとも、今回のような小さな部品であれば、A7075であっても、材料費は数百円ですので、それほど気にしなくてもよいかも知れません。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2017年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

過去ログ

Feed